自衛隊機消息不明

 防衛省によると、6日午後2時35分頃、航空自衛隊入間基地(埼玉県)の双発ジェット機「U125」が、鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地近くの上空で消息を絶ったそうです。

 消息を絶ったU125の機長は平岡勝三等空佐(46)で、ほかに副操縦士の原口司一等空尉(34)、機上無線員の白鳥博己准尉(52)と聞間祐太3曹(27)、機上整備員の渡貫郁夫曹長(43)と米沢鉄平2曹(34)の計6人が搭乗していたと言うことです。

 U125は、電波により航空機の安全な飛行を支援する「航空保安無線施設」の状態をチェックする飛行点検機で、この日午後1時15分頃に鹿屋航空基地を離陸。基地から送られる着陸誘導の電波などが正常に受信できるか、目視で位置を確認しながら飛行点検し、任務を終え次第鹿屋航空基地へ戻る予定でした。しかし離陸の約1時間20分後、同基地から北に約10キロ離れた標高1037メートルの高隈山近くの高度約1000メートル上空で機影がレーダーから消え、通信も途絶えました。

 自衛隊や警察、消防が周辺を捜索しましたが発見に至らず、17日早朝から捜索を再開する予定です。

松中信彦引退

 元福岡ソフトバンクホークスの松中信彦内野手(42)が現役を引退する事を決め、今日引退会見を行うそうです。

 松中選手は、社会人野球の新日鐵君津で中心選手として活躍し、1996年アトランタ・オリンピックの日本代表チームで4番を努めて銀メダルを獲得。同年のドラフト会議で当時のダイエー・ホークス(現福岡ソフトバンク・ホークス)に入団。3年目からレギュラーに定着すると、2003年に初タイトルとなる打点王を獲得。翌2004年には落合博満(1986年)以来の史上7人目となる3冠王を獲得、MVPにも輝きました。

 しかし、その後膝の故障などが重なり次第に成績が下降、出場試合数も減少していき、昨シーズン限りでホークスを退団していました。

 退団後もNPBで現役続行を目指してトレーニングを続け、他球団からのオファーや入団テストの機会を待っていましたが、自ら期限としていた2月末まで話がなかったため引退を決断したものです。

 現役19年間でホームラン352本、打点1168、打率2割9分6厘。首位打者2回、最多安打1回、本塁打王2回、打点王3回、MVP2回の成績を残しています。

芸能人来店をツイートして炎上

 不動産仲介大手の女性従業員が自身のツイッターで「新婚の堀北真希と山本耕史夫婦に接客し35万円の賃貸物件を紹介した」と明かしたため、「プライバシーの侵害だ」などと批判するコメントが殺到、炎上状態となっています。

 2016年1月9日未明、不動産仲介大手の女性従業員のツイッターに

 「今日仕事で堀北真希と山本耕史夫婦接客した。いきなりの出来事に手の震え止まらなかったw そしてついツイートしちゃった!!!! 」
 「35万の物件紹介したw 賃貸で探してるくさいw」
 「すっぴんマスクメガネで芸能人オーラ消してたからよくわからなかったけど、お小柄で可愛らしかったのは確か!!! 旦那はかっこよかった!! 」

 といったツイートが投稿されると直ぐに批判のツイートが集中して大炎上状態となり、女性従業員はツイッターアカウントを削除しました。しかし、女性従業員はそれまでツイッターでは自身のプライベートも多く投稿していたため、つぶやいた人物はすぐに特定。それによると、この女性従業員は大手不動産チェーン店「センチュリー21」のフランチャイズチェーン店を経営する東京都内の会社に2015年11月に入社、前職は婦人靴の販売店員をしていたという事です。

 さらに、この店で仲介しているマンションの中から35万円相当の賃貸物件が捜し出され、山本夫妻に紹介したのではないかとされるマンションも特定される有様。

 これまでも芸能人やスポーツ選手等有名人の来店を従業員がツイッターに投稿、騒動になる例はありましたが、また壮大にやったものです。