おせち3千個遅配

 「長崎ちゃんめん」や「おむらいす亭」などの外食チェーンを展開するジー・ネットワークス(本社・山口県山陽小野田市)が、販売したおせち料理約3000個を年末までに注文先に届けられなかったことがわかりました。
 同社によると、具材の配置を間違ったり、料理を流すレーンが故障したりするトラブルが相次いで製造が間に合わなかったそうです。当然客からは、「元日におせちが食べられない」と苦情が殺到しています。

 この所おせちのトラブルが多いです。去年は届いたけど見本とはほど遠い、中身がスカスカの酷いおせち料理が届くというのがありました。今年は調理した人間からノロウィイルスが検出されて、全て破棄と言う恐ろしいケースも。
 おせちの宅配が注目されて、急遽参入する会社が多く、その分トラブルも増えているようです。注文する前に、その会社がおせち料理で実績があるのか、過去にトラブルが起きていないかなどをネットで調べておくのが良いでしょう。折角の正月に不愉快な思いをしたくなければ。