ライバルの飲み物に禁止薬物

 カヌーのカヤックシングルで日本代表として世界選手権にも出場した選手が、試合後ライバル選手の飲み物に違法薬物を混入していたことが判明しました。

 違法薬物を混入された小松正治選手(25)は、試合後のドーピング検査で陽性反応を示したそうです。

 前代未聞の事件が起きたのは、昨年9月に石川県小松市で開催されたカヌー・スプリントの日本選手権。違法薬物を混入したのは、鈴木康大選手(32歳)。使用されたのは筋肉増強剤の一種で、ネット通販で入手し、小松選手がレースに出場している間放置されていた飲料水のボトルに混入したものです。

 陽性反応が出た小松選手が無実を訴え、日本カヌー連盟が調査したところ混入疑惑が浮上。鈴木選手が犯行を認めたと言う事です。

 薬物を混入しているところが防犯カメラにでも写っていたのでしょうか?。ドーピング違反ならば前例はありますが、他の選手の飲み物に違法薬物を混入してドーピング違反にしようとしたのは聞いた事がありません。2020年の東京オリンピック出場を目指していた鈴木選手、日本カヌー連盟と日本アンチ・ドーピング機構の調査に対して、このままでは出場が危ないと危機感を募らせて犯行に及んだと話したそうです。