ニシキヘビに襲われ66歳死亡

 茨城県牛久市神谷5丁目の酒類販売業藤田正二さん(66)の家族から14日午後11時すぎ、「(藤田さんが)ニシキヘビにかまれた」と119番通報がありました。藤田さんは病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されたそうです。

 ヘビは藤田さんの長男が自宅隣のペットショップで販売用に飼育していた物で、何故か檻から出ていました。藤田さんの右腕や頭にかまれた痕、首や頭に絞められた痕があったそうです。
 ニシキヘビは毒蛇ではありませんから、噛まれて死ぬ事はまずありません。死因は巻き付かれての窒息死でしょう。6.5メートルの蛇ならば、人間を、特に高齢者を絞め殺す事は十分可能なはずです。しかしどうしてニシキヘビが檻の外に出ていたのか。6.5メートルのヘビが外に出れば危険なことくらいは理解できるはず、管理は厳重でなければなりません。こういう事件があれば周囲は、とくに動物の嫌いな人間(このケースは特には虫類)は過剰に反応するものですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です