細身でも保健指導対象に

 厚生労働省は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に注目した特定健診・保健指導、いわゆるメタボ健診についての課題を議論してきた「健診・保健指導の在り方に関する検討会」で、2013年度の制度見直しに反映する基本方針を了承しました。

 新しい方針では肥満でなくても、高血圧や高血糖などの危険因子を考慮して、新たに保健指導の対象とするそうです。現在のメタボ健診は、腹囲が基準を超え、高血圧、高血糖、脂質異常の危険師があると特定保健指導の対象となる。しかし、腹囲が基準値未満だと、体格指数(BMI)が25未満なら、危険因子があっても指導の対象外でした。しかし、今後は腹囲が基準値未満のため「メタボ」とみなされない人でも、高血圧や高血糖などの危険因子を持つ場合、きめ細かな保健指導を行うよう、事業者や市町村に求める事になります。

 厚労省研究班の調査で、腹囲が基準値未満でも、危険因子が重なると、心臓病や脳卒中の発症の危険性が、同じように高まることがわかり、同省は、危険因子を持つ、こうした人たちを放置できないと判断した。肥満の判定に用いる「男性85センチ、女性90センチ」の腹囲基準は変更しない。また、肥満でない保健指導対象者を選ぶ新たな基準や、指導の具体的内容については今後、検討を進める方針。

 例えば相撲取りは太っていても、血圧や血糖値は正常値だと言います。逆にやせ形でも高血圧、高血糖の人間はおり、血圧、血糖値、腹囲の3条件が全て揃わなければ保健指導の対象にならない、と言うのは、判断基準としては不十分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です