韓国原発でまたトラブル

 韓国原子力安全委員会によると、韓国南部・蔚山(ウルサン)市の新古里(コリ)原発で23日夜、試運転中の2号機が自動停止したそうです。発表によれば、原因は水蒸気発生装置へ水を供給するポンプのトラブルという事です。
 韓国メディアによると2号機は昨年12月から試運転中で、今年下半期の営業運転開始を目指していました。

 そう言えば古里原発(釜山市)1号機でも、2月上旬に全電源を喪失する事故があったばかり。しかも、事故自体を組織的に隠蔽、報告は1ヶ月後という有様でした。古里原発は福岡から直線距離にして約200km、何かあれば十分日本にも影響がある距離です。直接無くとも、海洋汚染があれば北九州地域での漁業は風評被害も含めて大変な事になるのは容易に想像が付きます。

 韓国は福島第一原発事故の際には、日本の原発に散々文句をつけていたものです。しかし、実際には韓国の原発事情は大震災も起きていないのにこの有様。日本政府は韓国政府に対して十分クレームをつけて良いレベルでしょう、それこそ運転停止を要求してもいいくらいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です