グーグル、個人情報をアプリ業者へ自動送信

 インターネット検索サービスの世界最大手であるグーグル(アメリカ)がスマートフォン(多機能携帯電話)にアプリ(ソフト)を提供するサイト「アンドロイドマーケット」で、有料アプリ購入者の氏名、電話番号、番地や部屋番号を含む住所、メールアドレスがアプリ提供事業者に自動的に送られていたことが判明しました。グーグルは情報流出はシステムの不具合が原因とみて12日までに修正したという事です。

 不具合、と言うか明らかにミスでしょう。それにしても世界最大級のIT企業で個人情報の流出、影響ははかりしれません。単に個人情報の問題だけでなく、それによって失われる信頼の方が。しかもグーグルのような大手の場合、他に選択の余地が無く、ユーザーは不安を感じながらも使わざるを得ないと言う状況が困った物です。
 経済産業省は個人情報保護法に触れるおそれもある、として調査を始めたそうです。行政側にもしっかり対処して欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です