デモで68人逮捕

 ロイター通信が伝えた所によると、12月31日深夜にニューヨーク市内で行われた反格差社会デモ「ウォール街を占拠せよ」に参加した68人を不法侵入などの疑いで逮捕したと、ニューヨーク市警が1日に発表したそうです。

 これらの参加者は、同デモの象徴でもある同市南部のズコッティ公園近くに集まり、警察のバリケードを破って公園への侵入を図った疑い。逮捕者の1人は、はさみで警官の手を切りつけ、軽傷を負わせた疑いも持たれているとのことです。

 格差も何もかも自己責任の国でこんなデモが起きるとは、余程国内の事情が悪化しているのでしょうか。これまでは誰でも努力次第でチャンスを掴めると言うのがウリで、アメリカンドリームの国からチャンスそのものが無い、身分の固定化が始まっているという話もあります。それどころかアメリカがデフレに突入するという話もあります。中間層が崩れて1部の富裕層だけが生き残るような状況が続けば、当分終わりそうもまりません、このデモ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です