アップルショックで円高進行

 ニューヨーク株式市場は3日、代表的な工業株30種の平均株価を示すダウ工業株平均が大幅に下落しました。

 下げ幅は一時707ドルに達し、終値は前日より660.02ドル安い2万2686.22ドルとなっています。

 原因は、2日に業績の大幅な下方修正を発表したアップル。中国市場の景気減速により、主力製品であるiPhoneの販売が低迷。2018年10~12月期の売上高を5%下方修正したものです。

 これを受けて3日のアップル株は一時10%もの急落を見せ、引きずられる形でダウ工業株平均も終わりで2.38%下落。市場はアップルショックの様相を呈しています。

 アップルのティム・クック最高経営責任者は、アメリカと中国の貿易摩擦問題が中国景気減速の要因だと株主へ宛てた手紙の中で指摘しています。

 アメリカの製造業を守る、雇用を守るとしてトランプ大統領が中国からの輸入品に関税をかけ、中国もアメリカ製品に報復関税をかけた、摩擦と言うよりは貿易戦争という状態が続いています。これがアメリカ企業の足を引っ張り、株価の大幅な下落を引き起こした。

 そして、行為状況になると必ずと言って良い程起きるのが円高です。為替相場でリスク回避の動きが強まり、急激な円高ドル安が進み、1時104円台後半まで円が買われました。その後ドルを買い戻す動きが有り、107円台に戻しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です