抜け毛と円形脱毛症

 27歳で美容師をしていましたが、妊娠をきっかけに退職し現在専業主婦をしています。初めて薄毛に気付き始めたのは25歳の時です。

 きっかけは同僚に髪の毛を切ってもらっている時でした。頭のてっぺん、前髪の生え際にかなり短い毛が生えてきていると指摘されました。抜けて新しい毛が生えている途中、と言われましたが、3ヶ月~6ヶ月以内になにか悩んでいたことや、辛かったことがあったかどうか聞かれたのです。

 私も美容師をしているので、同僚が言いたいことはすぐわかりました。お客さんの髪の毛の変化にはすぐ気付くのに、自分のことは後回しで全然気がつきませんでしたが言われてみれば元々多毛だった私の髪の毛は頭頂部は薄くぺっちゃんこ。左サイド、襟足付近には円形脱毛症が多数、前髪をあげると確かに後退していたのです。

 よくよく鏡を見ると目の下にはひどいクマが、そして身体には蕁麻疹と見て見ぬ振りをしていたのですが最悪なコンディションでした。

 24歳で結婚し、人と長い時間一緒にいる事、生活をともにすること。向いていないとわかっていました。離れて生活をしていますが義理の家族ともうまくいかず、仕事では大きなストレスを抱えていました。慣れなければ慣れなければと思っていて、だれにも相談できず疲れ切っていたところでした。

 急に夜眠れなくなったのです。もちろん仕事を週6日していましたから昼寝などする時間はありません。眠たくて眠たくて仕方がないのに、3時間寝れれば良い方。寝れたと思えば怖い夢を見てうなされ目が覚め。起きている時間は基本頭痛、毎日薬を飲みごまかしていたところで十二指腸潰瘍、蕁麻疹。

 身体はボロボロだったはずなのに、半年間気づかないふりをしていたのです。同僚に「毛がだいぶ抜けてるみたいだけど」と言われて初めて自分の体調と向き合えました。今まで辛くとも、みんなこなしているのだから甘えだと思って自分自身を追い詰めていたのです。

 そこで妊娠発覚し、つわりがひどく退職しました。そのあとも髪の毛が抜けたり、生えたりを繰り返しましたが仕事のプレッシャーから解放された事もあり、蕁麻疹も落ち着きました。

 そして現在、髪の毛が抜けたり円形脱毛症ができたら繰り返していて危機感を感じる時もありますが、まあいいか、辛い時は休もう!と思えるようになりました。

 円形脱毛症も抜け毛も皮膚科にもらった薬を塗っても気休めでしかないのです。てっぺんに円形脱毛症ができたときはさすがに凹みましたけど、帽子をかぶったり分け目を変えたり工夫しています。

 ぺしゃんこ髪、さよならしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です