スペースX、2018年に火星探査

 スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(通称スペースX社)は、2018年までに火星探査を行うと発表しました。

 現在スペースX社はアメリカ航空宇宙局(NASA)と契約して、国際宇宙ステーション(ISS)へドラゴン宇宙船を使って物資の運搬業務を行なっています。火星探査には、新たに開発中のレッド・ドラゴン宇宙船を使用。レッド・ドラゴンの打ち上げには、新たに大型ロケット「ファルコン・ヘビー」を開発中です。

 同社CEOのイーロン・マスク氏は、2025年までに火星の有人探査を実現させたいと発言しており、2018年の火星探査はその第一段階ということでしょう。

 NASAも火星の有人探査を計画していますが、時期は2030年。スペースXの計画はそれより5年も早いものです。民間企業が宇宙開発でNASAよりも先行する、と言うのはちょっと信じられません。火星有人探査のための莫大な費用はどうやって調達するのでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です