松中信彦引退

 元福岡ソフトバンクホークスの松中信彦内野手(42)が現役を引退する事を決め、今日引退会見を行うそうです。

 松中選手は、社会人野球の新日鐵君津で中心選手として活躍し、1996年アトランタ・オリンピックの日本代表チームで4番を努めて銀メダルを獲得。同年のドラフト会議で当時のダイエー・ホークス(現福岡ソフトバンク・ホークス)に入団。3年目からレギュラーに定着すると、2003年に初タイトルとなる打点王を獲得。翌2004年には落合博満(1986年)以来の史上7人目となる3冠王を獲得、MVPにも輝きました。

 しかし、その後膝の故障などが重なり次第に成績が下降、出場試合数も減少していき、昨シーズン限りでホークスを退団していました。

 退団後もNPBで現役続行を目指してトレーニングを続け、他球団からのオファーや入団テストの機会を待っていましたが、自ら期限としていた2月末まで話がなかったため引退を決断したものです。

 現役19年間でホームラン352本、打点1168、打率2割9分6厘。首位打者2回、最多安打1回、本塁打王2回、打点王3回、MVP2回の成績を残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です