喜多嶋舞あくまでも潔白主張

 女優の喜多嶋舞(43)が芸能界からの引退を表明した。8日に発売される女性誌「婦人公論」12月22日・1月4日号の独占取材に応じたものです。

 喜多嶋舞は「私が女優だから、息子や家族が世間の好奇な目にさらされてしまった」と引退理由を説明していますが、女優だからじゃなくて、父親との親子関係が否定されたからですよね。女優が全員こんな事になっているわけでは無く、むしろ他に例の無い事で、喜多嶋舞のケースが例外と言うべきです。

 元夫で俳優の大沢樹生(46)が喜多嶋との長男(18)に対し「親子関係不存在確認」を求めた裁判は先月19日「親子関係はない」との判決が出ています。この判決についても「再鑑定で身の潔白を証明したい」とし、「大沢さんは私が初めてお付き合いした人です」と語っています。

 しかし、DNA鑑定の結果が覆るとも思われません。本人としては絶対に認める事は出来ないし、死んでも本当の事は言えない事情があるのでしょう。恐らく、この先本当の父親について明らかにされる事は無いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です