ネパール地震、日本人1人の死亡を確認

 ネパール政府の26日発表によると、同国中部で25日に起きた地震による死者が2789人になったそうです。

 インドなど周辺3か国を含めた死者数の合計は2800人を超えており、在ネパール日本大使館は、エベレスト周辺で登山をしていた50歳代の日本人男性1人の死亡と女性1人の負傷を確認。日本からは同日、政府の国際緊急援助隊の救助チームなどが現地に向かいました。

 同大使館などによると、26日午後にエベレスト周辺のベースキャンプから日本人男女2人がヘリコプターで首都カトマンズの病院に搬送されましたが、男性はまもなく死亡。女性は札幌市清田区の小幡友子さん(50)とみられ、足を負傷して治療を受けているが、命に別条はないと言う事です。2人は、地震の影響で25日に起きたとされる雪崩に巻き込まれたという。

 ネパ-ル政府によると、世界文化遺産に登録されているカトマンズ中心部では、名所「ダラハラ塔」が崩れるなどして多数の死者が出ており、負傷者は全土で6300人を超えていると言う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です