全日本盲導犬使用者の会が緊急声明

 7月に埼玉県で盲導犬が何者かに刺されて怪我をした事件について、全日本盲導犬使用者の会(全犬使会)が公式サイトで緊急声明を発表しました。

 刺された盲導犬が吠えなかったとの報道があり、一部で「盲導犬は何があっても声をあげないように訓練されている」と伝えられ、「抑圧されて働かされる盲導犬はかわいそう」という声が上がっているそうです。これに対して全犬使会は「実際にはそのような訓練は現在行われていません。もしもそのような訓練がなされているとするならば それは虐待と捕らえられてもいたしかたないことです」と否定する声明を発表した物です。

 全犬使会の説明によると、盲導犬はボランティアや関係者、使用者から愛情と良質な飼育環境を与えられ、人間を100%信頼して生きており、声明で「彼らは抑制されることにより声をあげないのではなく、人間を信頼しているからこそ声をあげないのです」と正しい理解と啓発を求めています。

 そう言えば、刺された盲導犬が吠えなかったという話はどこかで読みましたが、まさかそんな方向に話が行っていたとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です